企業の現場作業は人材派遣システム会社が主力

ある程度の規模の会社では、現場作業はアウトソーシングが主流かと思います。人材派遣システム会社から来た人を雇う場合、現場作業全体を人材派遣システム会社に委託する場合の両方があると思いますが、会社の成長を考えた時、本当にそれで良いのでしょうか。人材派遣システム会社から人を雇う場合、不要になれば、切ることができるので、人員が過剰になることはありません。正社員では、過剰であっても、簡単に切ることはできないので、利益が出ない場合でも、人件費は出ていきます。ただし、派遣社員は、長くいることがないので、現場作業を覚えたころに交代になることもあり、教える手間がかかります。正社員なら、一度教えて、その作業に長く従事させれば、その作業のエキスパートにすることができるので、効率も上がります。作業全体を委託する場合は、単純作業の場合がほとんどだと思いますが、それでも、キーマンとなる正社員がいないと、作業の効率が思ったように上がらないこともあります。人材派遣システムがダメとは言いませんが、理想は全て正社員で賄うことだと思います。